『 師走2 』

昨日から、一晩かけて帰省。
実家の草刈りや点検と、墓周りの掃除。


芝を植えている庭にはたくさんの雑草たち、
オヒシバにタンポポやノボロギクなどなど。
三角ホーを打ち込みながら、一つづつ根切りしていく。
道路側へ伸びた枝を、
通学や利用される方が邪魔にならないよう切り落とした。
次はお墓の清掃と樹木の刈り取り、
ご先祖様にも粗相がないよう。


人心地つき、ひと汗流しに 『 金屋温泉 』 へ。
昼過ぎたばかりなのに、駐車場には多くの車が。

ご挨拶をして、湯船に浸かれば ・・・ あ〜 ♪
口に含めば、かすかな塩分と鉱物系のえぐ味。
この時期少し温めの40℃なれど、湯上りポカポカ (^_^)v


さあ、後はお腹を満たしに 『 十割蕎麦 ゑつ 』 。
いつもは繊細なそばを提供してくれるお若い店主ですが、
『 ありゃ? 』 今日は意外にも粗ぶった印象。
これはこれで良し、陰ながら応援しているからね。


桂橋から見る向こうに応利山、川面に遊ぶ鴨。
なんだかホッとする風景、いつもがこんな日であったら。
あちこちに、 『 ホーランエンヤ 』 の幟旗。
もう、そげな時期なんやなあ。すぐ、正月がじゃねぇかえ。
ワシにも、宝来船がたんねて来ちくれりゃいいけどな (^^;)