惹湯報告 Vol.761『 梅園復活 』



2016年4月の熊本・大分地震で被災し、
解体された別府市元町の共同温泉 『 梅園温泉 』。
復活を目指す再建委員会は、資金集めを始めた。


再建費用は少なく見積もっても1300万円、
市の補助金や貸付金を活用しても自己資金は500万円。
地元住民や有志らでつくる再建委は、昨年3月から6月まで
インターネット上で資金を募るクラウドファンディングを実施。
個人や団体からの寄付も併せ約280万円が寄せられているが、
目標額に及ばない状況が2月9日の大分合同新聞に載った。


その3日後に、驚きの報道。
別府市出身で東京都在住の70代男性から、
『 無利子・無担保で現金300万円を貸したい 』と。
再建委は申し入れ受け、8月ごろから再建に着工し完成は年末予定と発表。

先代の梅園温泉は1916年、地元有志が建設。
次々に廃業する別府の旧市街のなかで、
現役で営業していた貴重な町中の共同温泉
本当にうれしい、復活の話題。
名湯が生まれ変わる姿を、見つめていこう ・・・ 。