『 おおいたのうた 』

f:id:ohirune-manbou:20190704221924j:plain

ポストにちょいと厚めの郵便物、なんやろ?・・・開けてみて納得。

取り組みに賛同し、応援していた。

 

f:id:ohirune-manbou:20190704231618j:plain f:id:ohirune-manbou:20190704231908j:plain

" おおいたのうた " 、暮らしの中で繋いできた歌を形にされたとか。

機械化なんて無縁な時代の営み、そのほとんどが労働歌。

 

  " 波のまにまに "

   鯛は周防灘 港は香々地 

   海も情けも深いとこ 情けも海も 情けも深いとこ

   深い情けに命をかけて しけりゃ漕ぎだす助け舟 

   漕ぎだすしけりゃ 漕ぎだす助け舟 ( 以下略 )

 

  " 青のりとり歌 "

   なんの因果でヨー 青のり取りゅ なろうたヨー

   寒の師走も 川の中ヨー

   今朝の寒さにヨー 笹やぶ超えてヨー

   笹の露やら 涙やらヨー ( 以下略 )

 

f:id:ohirune-manbou:20190704232131j:plain

f:id:ohirune-manbou:20190704232208j:plain