『 蕎麦づくし 』

あまりの暑さで、行きがけに汲んだ湧水をがぶ飲みしてたら腹チャプ!

おまけに、バテてしもうち昼メシが喰えん (>_<)

なんとか庭の除草作業がひと段落、なんぼか腹も減って来た。

 

f:id:ohirune-manbou:20190726111510j:plain f:id:ohirune-manbou:20190726111554j:plain

明日はお墓ん掃除が待っちょんけん、しっかり食べんとな。

ちゅう訳で、" 十割蕎麦 ゑつ " へ蕎麦セットをいただきに。

おまかせらしく、メニューに料理の記載なし。夜んコースっち、何が出てくるの?

f:id:ohirune-manbou:20190726111346j:plain 突き出しは、 " そば味噌のもろきゅう " 

これはもぉ、 お芋ちゃんから誘われよんなぁ~ (^^;

 

カウンター越しに除けば大将がなんやら仕込み中、そばがきかえ?

f:id:ohirune-manbou:20190726112557j:plain f:id:ohirune-manbou:20190726112720j:plain

しばらくして『 はい、お待ち。そばがきの天ぷらです 』へっ (⦿_⦿)

揚げたのを食べるなんち初めて・・・おいちぃ~。

そうこうしてたら " せいろ " 登場  ♪ そば湯も・・・うんめぇ~。

f:id:ohirune-manbou:20190726115533j:plain f:id:ohirune-manbou:20190726115618j:plain

昼時は行列覚悟で1時間ぐらい並ぶ事も当たり前、でも夜はこんなに静か。 

カウンターに座るんはワシ一人の店内、時間がゆっくり流れていく。

大将に声をかけると、シャイな性格なのかボソボソと答えちくれた。

ワシん幼い頃の思い出や、軽便が走ってた豊後高田の様子など・・・。

当時11クラスあった中学校、聞けば今は2クラスだけだとか。

お若いと思っていたが、歳はなんとワシの息子と同じくらい ( キャーっ! )

 

f:id:ohirune-manbou:20190726115715j:plain つづいて、" 鴨のソテー 柚子胡椒添え "

締めは、 " 冷やかけとうふそば " と " そば味噌の焼きおにぎり " 

f:id:ohirune-manbou:20190726115824j:plain

いやっー、もう満足満足のお腹パンパン 

f:id:ohirune-manbou:20190726115202j:plain f:id:ohirune-manbou:20190726115242j:plain

ようやく、お客さんが来店。時間もころころだし、そろそろお暇しましょう。

ごちそうさま。おいさんの話を聞いてくれてありがとう、また来るけんな。

 

f:id:ohirune-manbou:20190726130654j:plain f:id:ohirune-manbou:20190726130734j:plain

f:id:ohirune-manbou:20190726131310j:plain f:id:ohirune-manbou:20190726131349j:plain

腹ごなしにぶらり散策、やっぱしこん町は心の宝モン!

f:id:ohirune-manbou:20190726131503j:plain