『 里帰り顛末 』

岩ちゃんに報告2つ、一つは草刈り機の詳細。

ワシが使いよんのは、山善製・電気コード式・刈る刈るボーイSBC-280A ( 重さ2.6㎏)

素人が乱暴に扱うせいか雑草君たちが手強いのか、初代は3年ほどで壊れ現在2台目。

炎天の空、容赦ない日差しで汗ビッショリ。

家の見守りも・・・楽じゃねぇちゃ。

 

アチィのと疲れ果てち、昼飯はスルッと入るモンをち思うていつもん " 宝来軒 " へ。

あれっ? のれんがかかっちょらん、定休日なんやろか。

仕方がないので " 一輝亭 " に変更、駐車場は満車さすが繁盛店。

f:id:ohirune-manbou:20190912135730j:plain f:id:ohirune-manbou:20190912135820j:plain

f:id:ohirune-manbou:20190912140022j:plain

クリーミーな白濁豚骨、ごちそうさまでした 

2日目、こうなりゃしちくじく再びの " 宝来軒 " 

f:id:ohirune-manbou:20190912145234j:plain f:id:ohirune-manbou:20190912145308j:plain

『 昨日も来たんに閉まっちょったけん、浮気してしもうたがな 』

『 ゴメンね、お母さんが悪くなって入院させたんよ 』あらま!!

大事にはならなかったそうで何より、安心してラーメンをいただく。

根性なしの柔らか細麺と醤油豚骨のスープ、ワシん中では一押し ( これっちゃ )

カタやバリカタ全盛の時代に、涙チョチョ切れる貴重な存在 (^_^)v

昼時を外したので客はワシ一人、何十年も気になっていた事をじわっと聞いちみた。

『 なし、宝来軒を店名に?』『 母が本店の出なんで、名前を使わせてもろうたんよ 』

そう、昔は縁故関係にしかのれん分けをしていなかったはず。

『 でもね、うちらでも最近の様子がよう分からん。東京にもお店があるしね 』えっ (@_@)

 

実家も何とか見られるようになったし墓掃除も済んだけん、そろそろ帰るかのぉ~。

でん汗ビッショリ、途中でどっか温泉入らんと。

f:id:ohirune-manbou:20190912133630j:plain f:id:ohirune-manbou:20190912145934j:plain

『 ガハハ、あんたよっぽど運がわりぃんやわ 』と笑う柴おとん。

どおりで、車が一台も停まっちょらんはず。

f:id:ohirune-manbou:20190912132700j:plain f:id:ohirune-manbou:20190912132828j:plain

f:id:ohirune-manbou:20190912133840j:plain

『 気を落とさんごとな。長い人生、いいこつもあるわ 』柴かあちゃんから慰められた。

岩ちゃんへの報告、これが2つ目 (^^;

まさか、あなたも同じ運命に遭遇していたとはね ( ダハっ )

 

気を取り直して " 水の口湧水 " に向かう。

赤松温泉があげな事になっちょんのが分かっていたら、山香からルートを変えたんになぁ。

愚痴を言ってん始まらん、コーヒーでん淹れち心を鎮めんとな。

間近で草を刈る音、振り返れば見事な棚田。

f:id:ohirune-manbou:20190912142758j:plain f:id:ohirune-manbou:20190912142923j:plain

f:id:ohirune-manbou:20190912143800j:plain


何度も来ているんに見えていなかった、なんか癒さるるなぁ~こげん風景。

f:id:ohirune-manbou:20190912143135j:plain f:id:ohirune-manbou:20190912143215j:plain

f:id:ohirune-manbou:20190912143405j:plain
一面の緑、湧き水が流れる音や鳥のさえずりを聞いたり・・・。

ボーっと眺めちょった贅沢な時間に・・・ありがとう。