『 惹湯報告 Vol.856 』

水汲み終了、この日初めて5L✕3本!

汲み置きはしたくないので、いつも2本だけ。

でん、寒くなったけん鍋やらお汁にとよく使うようになった。

そして、お米を研いだ後の浸し水はもち湧水 

 

冷たい水をいただいたら、お後は温かい温泉じゃわな ( ^^; 

さて、どき行こうか?

funfun大王様から頂戴した、無料券がまだ残っている湯平?

それとも、お隣の長湯・・・?

 

チョイスしたのは " きもと温泉 " 、お久のお邪魔。

受付はなんでもありのお店、なんだかタイムスリップ。

f:id:ohirune-manbou:20191202231849j:plain f:id:ohirune-manbou:20191202231937j:plain f:id:ohirune-manbou:20191202232027j:plain

f:id:ohirune-manbou:20191202232623j:plain

以前は新湯だとか古湯の表記があったはずだけど、

 " 黒岳 " や " 大船 " など山の名前が浴舎の入口に。

 

ちょうど入れ代わり、汗をぬぐっていたお父さんと世間話。

『 水を汲んだ帰り。こん後、野津原の道の駅に行こうと思うちょんので 』 

『 止めちょきない!! 車は一寸ずり、ワシゃ途中で引き返したんや 』

土曜日にオープンした " 道の駅 のつはる " は、大盛況のご様子 (> <)

 

コテコテの析出物、どっこらしょと浸かれば濃い温泉成分が体をおおう。

湯船にうっすら湯膜が舞う濁り湯、たまらん 

f:id:ohirune-manbou:20191202235219j:plain

f:id:ohirune-manbou:20191203000520j:plain

先ほどお父さんからお聞きした話や、水汲み場での喧噪が嘘のよう。

温泉の注がれる音だけが浴室に響く、静かで贅沢な時間。

外の風景を眺めながら、の~んびりいただいた。

f:id:ohirune-manbou:20191202234058j:plain f:id:ohirune-manbou:20191202234154j:plain f:id:ohirune-manbou:20191202235130j:plain

f:id:ohirune-manbou:20191202235542j:plain

f:id:ohirune-manbou:20191202235456j:plain

f:id:ohirune-manbou:20191202233903j:plain