『 惹湯報告 Vol.890 健康福祉センター 』

国東あたりにご縁、どれどれとお出かけ。

お母ちゃんはお初、これからも・・・よろしくね 

ご挨拶がすみころころに退散 、さて調査と参ろうか。

 

大分県でも、隠れ温泉地帯のこの辺り。

源泉数は40を越えそのほとんどが自家泉、慎重に歩かな見落としてしまう。

ホテルの専務さんちや養魚場社長のご自宅、女友達大勢の善爺ちゃんち。

干物屋に自動車整備工場など、いただけたのはようよこ半分ちょっと。

中でも圧巻だったのは元魚屋のお父さんち、ホントにあんたがただけの専用風呂 ?

カメラに収まり切れん浴室の広さ、こん地域の奥深さを知る。

f:id:ohirune-manbou:20200808231048j:plain f:id:ohirune-manbou:20200808231114j:plain

f:id:ohirune-manbou:20200808231248j:plain

 

『 お母ちゃん、ちょいと調べちくるけん待っちょってな 』

市の財政が危機的状況、緊急対策として閉鎖が検討された温泉施設。

その後、継続報道にホっ・・・でん現状は?

その一つ、" 健康福祉センター " 入口になんやら張り紙。

f:id:ohirune-manbou:20200808220554j:plain f:id:ohirune-manbou:20200808220509j:plain

『 おごめ~ん、お風呂いいかえ 』

『 やっちょるけん汗流していきよ、あんたはどっから来たん? 』

大分市から 』『 正直やなぁ、市民ち言えば入れてあげたんにぃ 』

嘘はつけん性格なんで・・・ (^^;

 

『 男湯は入っちょんけど、女ごしは誰もおらんで 』

おっ、もう一押し・・・ (^▽^) /

許可をいただいて女湯を撮影、閉鎖危機の回避よかったね

f:id:ohirune-manbou:20200808232419j:plain f:id:ohirune-manbou:20200808232457j:plain

f:id:ohirune-manbou:20200808232606j:plain

今は諸事情で市民限定、こん次は堂々と入りに来るけんな。