『 わたくし美術館 』

同郷のRICOちゃん、ワシんクラスメイト。

この日一番の目的、彼女がオーナーを務める美術館を訪ねた。

f:id:ohirune-manbou:20210226194205j:plain f:id:ohirune-manbou:20210226194248j:plain

恩師の古希祝い以来、会うのは10ン年ぶり『 こんにちわ~ ♡ 』

『 申し訳ないのぉ~、湯布院は寒いけん某所で冬眠中なんやわ 』

すまなそうにご主人『 まあ、ゆっくりしていっちょくれ 』

f:id:ohirune-manbou:20210226194617j:plain f:id:ohirune-manbou:20210226194704j:plain

f:id:ohirune-manbou:20210226195602j:plain f:id:ohirune-manbou:20210226195341j:plain

コレクションは油絵中心、彼女の作品も数点。

ワシはデザイン専攻やけど、久しぶりにワクワクドキドキ。

 

f:id:ohirune-manbou:20210226203503j:plain f:id:ohirune-manbou:20210226203557j:plain f:id:ohirune-manbou:20210226203255j:plain

ご主人が淹れて下さった珈琲・・・ソファーに腰を降ろしいただく。

間近に仰ぎ見る由布岳、窓越しにふわり差し込む柔らかな陽射し。

彼女には会えんかったが、ご主人と楽しく会話。

心地良い空間、ゆっくり流れる時間。

微かに聴こえる包み込まれるようなBGM、なんか癒さるる 

 『 こちらに来てから、ずっと気になっちょったんや 』

『 なにがえ 』『 掛かっちょん音楽、ミュージシャンは? 』

『 ダビングで良かったら、持っち帰りよ 』・・・ 

f:id:ohirune-manbou:20210226200908j:plain

帰りしな、南登山口に車を停め一休み。由布のお山を眺めながら、この日に感謝。

明日も、いい日でありますように。

f:id:ohirune-manbou:20210226201026j:plain

f:id:ohirune-manbou:20210226201127j:plain