『 今日の 不~二子ちゃん 』

ほとんど日を置かず、せっせと " 東町温泉 " 通い。

たま~に、浮気するけどな (^^;

 

先日、女湯での話。

お母ちゃん一人で入っていると、脱衣所に =^_^=

ちょこちょこと蛇口のそばへ、甘えた声でニャーン。

そうなのねと、洗面器を洗い水を汲んであげたら・・・。

数分、飲み続けていたとか。

湯上り、ベンチでそんなホンワカ話を聞かせてもらった 

f:id:ohirune-manbou:20210604214840j:plain f:id:ohirune-manbou:20210604214956j:plain

 

ニャン子の出身は砂漠地帯、そんなに水を飲まなくても生きていける。

不二子ちゃん、よっぽど喉が渇いていたのかな。

看板猫の彼女、今日も指定席で湯守り。

『 お風呂、入って来るね 』『 ごゆっくりニャーん 』

f:id:ohirune-manbou:20210604212033j:plain f:id:ohirune-manbou:20210604212115j:plain

 

こちらの温泉、管理人Мさんちの猫ちゃんは3匹。

おおいた・さくら猫プロジェクトで捕獲された子たちばかり。

殺処分を避けるために不妊去勢手術、誰が見ても分かるように耳をさくらの花びらカット。

他にも、里親として30数匹のお世話、ワン子も数匹。

凡人には理解しがたい、頭が下がる無償の愛。

 

『 最近はね、ずいぶん勢力図がかわったの 』と、番台のお母さん。

以前から住んでいるドラちゃんを押しのけ、今はトップに君臨。

でん、密かに政権交代を狙ってる、若きクーちゃん。

いやいや、猫の世界も大変なんやなぁ~。

f:id:ohirune-manbou:20210604214427j:plain f:id:ohirune-manbou:20210604214503j:plain

『 ん? アンタ、なんか・・・ゆうたかえ 』

『 いえいえ、お食事の邪魔して、申し訳ありましぇん 』(^^ゞ

f:id:ohirune-manbou:20210604215241j:plain

f:id:ohirune-manbou:20210604215307j:plain