『 今日のランチ 亜李蘭別邸 』

少し、勤務時間を削ってもらったお陰?

ランチタイム、なんとか間に合うようになった。

本意はそっちじゃないけど、早よ帰れるんちなんかうれし。

 

お母ちゃんを誘って昼ご飯、

残っている " おおいた味力食うぽん券 " 使いきらんと (^^;

" 亜李蘭別邸 " 初めてお邪魔、しかも別府店!

ワシら、大分んしなんになぁ~。

f:id:ohirune-manbou:20210729203224j:plain f:id:ohirune-manbou:20210729222201j:plain

 

一番お安いランチをチョイス、それでんサラダバーにドリンク付き 

『 いらっしゃいませ 』女性スタッフから丁寧な説明。

f:id:ohirune-manbou:20210729204757j:plain f:id:ohirune-manbou:20210729204827j:plain

f:id:ohirune-manbou:20210729205051j:plain f:id:ohirune-manbou:20210729205121j:plain

『 お待たせしました~ 』いただきま~す、まずタンを塩ポン酢で。

f:id:ohirune-manbou:20210729211031j:plain f:id:ohirune-manbou:20210729205412j:plain

f:id:ohirune-manbou:20210729210333j:plain

f:id:ohirune-manbou:20210729210042j:plain

f:id:ohirune-manbou:20210729211654j:plain f:id:ohirune-manbou:20210729211946j:plain

頼んだ冷麺と石焼ビビンバ、これでハーフ?

う~ん、お腹いっぱい幸せいっぱい 

持ってきたはずの喰うぽん券、どこを探してん見つからず (> <)

なし、こげあるんかえ!

救われたんはスタッフの対応、特に厨房のお兄ちゃん。

close間近、仕事の手が空いたのかワシらを見送り。

エレベーターの扉が閉まるまで頭を下げていた姿に、今の飲食店業界の現状を感じた。

ごちそうさま。素晴らしい接客に清潔な店内、また来るね!

 

お店の裏手にある餅が浜、歩こうか。

あらら~お父さん達、日陰で対局中。

f:id:ohirune-manbou:20210729214440j:plain f:id:ohirune-manbou:20210729214709j:plain

f:id:ohirune-manbou:20210729215223j:plain

f:id:ohirune-manbou:20210729215252j:plain

f:id:ohirune-manbou:20210729215342j:plain

幸せの後にいつもん運命、結局薬局ワシが悪いんやけど (^^;

暑いちゅうてん、ちゃんと食べな!

明日は、明るい日ち書くんで!