『 惹湯報告 Vol.936 王子温泉 』

定休日は土曜、営業は午後4時から。

県外からお越しの人には、なかなかハードルの高い温泉銭湯。

市内に住むワシらだって、そうそう行く機会は少ない。

 

夕方まで勤務のお母ちゃんを誘い、久しぶりにこちらへ。

『 でもな、もうやっちょらんかもしれんで 』・・・。

大正2年創業、今年で108年。

最初は沸かし湯だったが、昭和56年温泉を掘り当てた。

 

昔は南側に数台停められた駐車場、今はそこに住宅。

現在、北側の狭い所になんとか2台分。何度も切り返して・・・ようやく (^^;

『 こんにちわ~ 』開いてて、よかった。

脱衣所に向かって番台、今じゃ珍しい。

f:id:ohirune-manbou:20210920204025j:plain f:id:ohirune-manbou:20210920204115j:plain

f:id:ohirune-manbou:20210920204736j:plain f:id:ohirune-manbou:20210920204820j:plain

f:id:ohirune-manbou:20210920210918j:plain

『 1人380円な 』85歳になるお母さん、お元気そうで何より。

でも気になる左手の包帯、転んだのかな? 気をつけてね。

 

大分市内でも、お湯の黒さは格別。

浸かれば、トロトロまとわりつくやさしい湯ざわり。

f:id:ohirune-manbou:20210920213516j:plain f:id:ohirune-manbou:20210920204341j:plain

雨上がりの森の中にいるような、ふわりモール臭。

思考回路を停止、独り占めでお湯と遊ぶ贅沢な時間 

f:id:ohirune-manbou:20210920204545j:plain f:id:ohirune-manbou:20210920204500j:plain

f:id:ohirune-manbou:20210920210343j:plain f:id:ohirune-manbou:20210920210434j:plain

f:id:ohirune-manbou:20210920205206j:plainいつ営業を終えても、おかしくない貴重な銭湯遺産。

こちら2度目のお母ちゃん『 えがったわ~、また連れてっちょくれ 』

f:id:ohirune-manbou:20210920210700j:plain

f:id:ohirune-manbou:20210920210730j:plain f:id:ohirune-manbou:20210920210822j:plain