『 惹湯報告 Vol.970 丹生温泉 』

お外でランチ+お散歩、そして温泉。

たまに水汲みトッピング、我が家のお決まり (^^;

 

佐野植物公園を後にして、向かったのは近くにある " 丹生温泉 和みの湯 "

お湯が出てわずか3日間の仮設開放、それからのお付き合い19年。

この日もご常連さん中心に大賑わい、地区の社交場。

それではお風呂、いただきま~す。

 

 

お湯が吹き上がった時は泥色、開設の頃はきれいなエメラルドグリーン。

そして今、時を経て落ち着いたほうじ茶色に。

まず露天、眺望は望めないがホッと幸せため息一つ。

ん? pH7.3なのに、浴感は数値以上のトロミ。

口に含めば、以前より強く感じる塩味。

温泉も生きている、その時々で状態が違うのは当たり前。

自然からの贈物、ありがたくきちんといただきましょう。

 

途中で、湯守りのお兄さん温度チェック🌡

『 何度ぐれ、あるかえ 』『 内も外も、ちょうど40℃ですよ 』

こげん細かい調節をしてくれるから気持ちよく入れる、ありがとうございます 

 

我が家に体重計なし、だから湯上り脱衣所にあれば必ず。

なになに BМI20.8。内臓レベル6、骨格筋率34.3% 。

ふ~ん、じぇんぶ標準。

なかでん、一番ショックだったのが体年齢。

永遠の28歳っち思うちょったけど、計測値は35歳。

ウソウソ、ものごっつうれし! オムロンさんにも、ありがとう~ (^^;