『 古式手打ちそば 泉 』

先日の湯布院散策、いよいよラストステージ。

『 昼飯、なんにするかえ? 』同行してくれた友人に尋ねた。

『 重いもんはアレやけん、スルっち食べるんがええな~ 』・・・OK!

ちゅう訳で、彼の了解も取らんじ " 泉 " に誘う

f:id:ohirune-manbou:20210302230401j:plain f:id:ohirune-manbou:20210302230502j:plain


何年ぶりだろうね。

初めて訪ねた時は辺鄙な山の上、しかも一種類だけの品書き。

今は、金鱗湖そばの一等地に店を構える。

f:id:ohirune-manbou:20210302230608j:plain f:id:ohirune-manbou:20210302230729j:plain

豊後高田の " 響 " や、大分の " よし松 " の大将はこちらで修行された老舗。

てっちゃん、ますこさんお元気かな? 無沙汰しております。

 

『 なんになさいますか? 』

あの頃とは違いメニューたくさん、頼んだのはもちろんデフォルト。

ほどなく配膳、珍しい二段のせいろ。

f:id:ohirune-manbou:20210302231128j:plain

『 なんな、薬味は入れんのかえ? 』と友人。

『 お楽しみはこれからちゃ、そん為に残しちょんので 』

〆のそば湯、ワサビと刻みネギを入れて一掻き。

『 お姉さ~ん、一味下さ~い 』

『 ごめんなさい、うちは七味しか置いて無いんよ』 (^^;

f:id:ohirune-manbou:20210302230052j:plain f:id:ohirune-manbou:20210302230137j:plain

f:id:ohirune-manbou:20210302230830j:plain