一日一湯

『 今日は何の日 』

今日は、あずきの日や紅茶の日だって。 中でも知らんかった、キティちゃんの誕生日 馴染みの日出町、どこ行ってん彼女に会える ♪ 月初め、こりゃ別府へ行かなっち思ったら・・・ああ勘違い。 " 夢珈 " の半額セール、今週末じゃった (>_<) ここんとこ、間延…

Vol.154 『 おめでとう♪ 』

遠来の友が来豊、小生は自宅に車を置いて出かけた。 『 お主、そげなもんで来たら ・・・ 飲めんがな 』 『 相すみませぬ。 それでは馬留めをしてまいりますので、暫らくお待ち下され 』 無理を言って、ごめんな〜 (^^ゞ んでは、 『 お疲れでござった、乾杯…

Vol.153 『 錦温泉 』

なんとか、怒涛の年度末を乗り切った今日はうれしい休日。 諸事情でなかなか別府の街すら遠い昨今、近場でお湯をいただきました。 『 あれ〜 定休日なん?? 』 入口の湯暖簾が、裏返しに掛けられていたので ・・・ 恐る恐る引き戸を開けます。 『 なーんな…

Vol.152 『 渋の湯 』

久方ぶりの別府。 遺憾ながらはたまたメス入れの儀、お陰で2週間ぶりの御無沙汰。 いつもだったら、お決まりの 『 浜脇温泉 』 か 『 永石温泉 』 だけど、今日は鉄輪へ。 頭から全身に、なんどもお湯をかければ、ええ香り♪ ああ、幸せ♪ そんな時、同浴の方…

Vol.151 『 湯けむりの里 東屋 』

『 外戸本 』 さまの100円温泉、終了まであと数日。 やっぱし野湯と違い、設備の整った施設は ・・・ ええです ♪ 各種アメニティー完備、湯温調節は ☆ 3つ。 おまけに鉄輪のお湯とくれば、なにも不足などございません。 カミさんと1時間後の待ち合わせ…

Vol.150 『 浜脇温泉 』

東に アパあれば 大家んちで頭をさげ 西に ジモあれば 組合長にたっての施しを乞う 南に 自家あれば せめて写真撮影だけでもとお願いし 北に 垂れ流しあれば そっと身を浸す 唖々 そんな別府に 私は 住みたい。 ( 作 : 悠久大王様と ono ちゃん 万謝 一部…

Vol.149 『 西別府団地温泉 』

『 あんた、何処へ行って来たん? しばらく、下着からとれんで困るんよ 』 硫黄の匂いがかぎたくて、でもあんまし濃いのは家庭内騒動に発展しそうで ・・・ 。 onoちゃんの書き込みに誘われて、今日はここ。 以前ご一緒した時は無色透明だったけど、かすかに…

Vol.148 『 平田温泉 』

トイレをお借りしようと、上人のコモスモに車を止めた。 その時目にした看板が気になり、まち歩き後の一っ風呂はこちらで・・・。 『 なんな、あんた。まだ入っちょんのな 』 『 若けぇのに、長湯するんやなぁー 』 番台の親父さん、心配になったのか温度計…

Vol.147 『 餅ヶ浜温泉 』

『 あれ! お父さん、お湯ん色が変わったん? 』 『 んにゃ、タイルが新しくなっただけや 』 改修されたと情報をもらい、押っ取り刀で駆けつけた。 入口には、誇らしげに4月20日から温泉道参加の張り紙。 しかも、既存施設と足並みをそろえる為に入浴料は…

Vol.146 『 弓濱温泉 』

かほたんへ。 『 いまからかえるよ 』 って、お父さんからメールをもらったんだ。 きみにあいたくなって、いそいで別府へ。 おたんじょうびおめでとう。 そつえんおめでとう。 そして、すごいぞ166とう! いっぱい いっぱいおめでとうをいいたかったのに…

Vol.145 『 ホテル竹の井 』

ここんとこ1ヶ月ほど体調は絶不調、おまけに心まで風邪をひいたみたい。 冷たい雨が降り続く別府のまち、ポクと思いだし中央サロンへ急ぐ。 ともる柔らかい灯りにホッ、久しぶりにガラス戸を開けた。 『 なんな今頃、あんた満がいいな〜。5分後やったら、…

Vol.144 『 きずなの湯 』

別府では、三社詣でならぬ市営の無料開放温泉をいただいて新年を実感します。 今日も 『 浜田温泉 』 と 『 田の湯温泉 』 、天気もよく穏やかな三が日。 昨夜の 『 永石温泉 』 、一人でお風呂グッズ持参のいたる君と一緒になりました。 『 何年生? 』 『 …

Vol.143 『 開運の湯 』

明けまして おめでとうございます。 つたないブログに訪問して下さる皆様へ、心より感謝申し上げます。 本年も どうぞよろしくお願いいたします。 『 棚から ボタモチなど ない 』 天命に頼らず努力せよ・・・ワシんちの家訓ですが、せめて元旦だけは願掛け…

Vol.142 『 無料開放の湯 』

今日は大賑わい、隣近所の爺ちゃんたちに長い髪を輪ゴムで束ねた兄ちゃん。 おや? どちらのお国でしょう、黒人の若者が2人仲良く入浴中。 話しながら時折 『 ウッヒッヒ 』 『 アハハ 』 笑い声は万国共通ですね ♪ 『 あんしはな、3時間も入ってたんで 』…

Vol.141 『 まちの湯 』

イブの前日、別府湾にASUKAⅡの汽笛が・・・。 今年も花火ファンタジァに合わせてのクルーズ。 そして時間が変わろうとする25日深夜、温友からのクリスマスプレゼント♪ 今年もたくさんお世話に・・・。 翌日は、奥方様の顔色をうかがい隙をついてかの…

Vol.140 『 肥後の湯 』

酔いたくれ親父、先日の宴席で某氏にそそのかされた 『 明日、行くぜぃ! 』 CJOの100円温泉企画も後押し、何事もきっかけがあれば・・・。行きがけの駄賃、まずは改装された 『 はげの湯共同温泉 』 コンクリ打ちっぱなしは変わらないけれど、あん紫…

Vol.139 『 照湯 』

無性に硫黄の匂いが恋しくて、這って?行って・・・きました。 ワシャワシャの湯の華がお出迎え、お殿様は大名より偉いんですぅ (^^ゞ 『 お父さん、写真いい? 』 『 こげな年寄り撮ってん、なーもならんで 』 ファィンダーの向こう、いい笑顔です。 もう何…

Vol.138 『 王子温泉 』

別府まで遠い毎日、こんな時近場で利用するのがココ。 神宮寺温泉が廃業した今、大分市内にある貴重な温泉銭湯の一つです。 『 誰もおらんけん、写真撮っていい? 』 番台のお父さんに、許可をいただきました。 いつ行ってもほとんどが貸し切り、逆にそれが…

Vol.137 『 別府八湯温泉本 』

今年度版(10周年記念号)が、本日発売された。 毎日足もトロケる忙しさ、とりあえず一杯やりながら流し読み。 直前に新規参加決定の 『 加賀旅館 』 は未掲載、ちょこっと残念。 高崎のマスターのご尽力に深謝♪ 洞窟温泉の再訪が楽しみ。 先様 ( 解放し…

Vol.136 『 良の家の湯 舞千花 』

別府に隠れてマイナーな存在なれど、大分ん温泉も良か湯でございます。 オープン当初、たしか大浴場の入浴料は1000円以上との記憶。 いつの間にか700円、しかも今月は外戸本様のお陰で半額〜ぅ♪ 期限切れ間近の本日、ようやく行ってまいりました。 さ…

Vol.135 『 ホテル白鷺 』

何もかもが慌ただしく忙しく過ぎていく春、毎年のこと。 花見なんて、30数年以上も行った事が無い。 野暮用の帰りに立ち寄ったシンゴ's BAR、 安富さんの車椅子温泉道初段認定お祝いを兼ねた集まりで大賑わい。 桜は散ってしまったけれど、綺麗所が咲…

Vol.134 『 的ヶ浜温泉 』

指をくわえて見ているだけでは、あまりにも自分がむげねぇー。 仕事帰りにちょいと一っ風呂、『 温泉まつり 』 のおまけをいただいてきました。 別府ん町の底力、温泉施設101ヶ所が太っ腹の無料開放です。 『 こんばんはー 』 番台のお母さん、笑顔で迎え…

Vol.133 『 ホテル 清風 』

『 ととろちゃ-ん、元気にしよんのな。 心配しちょったんでー 』 書き込みをいただいたのがうれしくて・・・、 スタンプ狙いで貴方がお泊りしたホテルを再訪しました。 露天まで続く長い道のり、日帰り入浴で来られた親子とご一緒です。 『 あっ! それ、聞…

Vol.132 『 三愛ビジネスホテル 』

友の旅立ち、祝わずにはいらりょうか。 まずはお疲れ様で一杯、いままでご苦労様でした。 逆セッティングありがとうございました・・・で、また一杯。 新天地ではガムバってね・・・で、しちくじくもう一杯。 ふわり匂いたつ硫黄のアロマ、柔らかくまとわり…

Vol.131 『 ゆわいの宿 竹乃井 』

( ゲッ! ) またまたホリエモンちゃんと二人っきり、トホホですぅ・・・。 どげして、ワシはこげ遭遇率が高いんなー。 でん、北九州市から来られた無法松殿は、にこやかでおチャラカな親父でした。 『 なにえ。あんた、タダでここに入ってるんな 』 『 デ…

Vol.130 『 小倉薬師温泉 』

組合員の方は、入口を開けると脇にある自分の名札を裏返した。 寒かったこの日、ほとんどの人が大きなビニール袋やバックを持参している。 そこから取りだされるカラフルな湯たんぽ、他の共同温泉ではあまり目にしない光景。 『 ここはもの凄アチィーけん、…

Vol.129 『 ビジネスホテル松美 』

風呂上がり、北浜交差点で信号待ちしてたらコンコンとサイドウインドを叩く御仁あり。 『 めじろん号見たき、追いかけてきたんでー 』 ウガッ! きつつちつっち☆殿じゃ あ〜りませんか。 聞けば、車椅子温泉道の方を入浴介助されての帰りだとか、お疲れ様で…

Vol.128 『 とんぼの湯 』

本日、野暮用で国東辺りまで。 途中、 『 別府湾ロイヤルホテル 』 の入口で鉄ちゃん発見! 小倉地区の 『 粋房おぐら 』 の敷地内、慈菜家 【 塔真 】 にも立ってた。 最近あちこちで見かけるこの子たち、ちょうど春を告げる土筆ン坊のよう・・・。 用件が…

Vol.127 『 薬師温泉 』

『 今朝な、大分ん造船所で大きな事故があったんでー 』 『 明豊と上野丘がセンバツに選ばれたんは、うれしいニュースやなー 』 『 朝青龍、また勝ったで。こんまんま、優勝するんやなかろぉーか 』 一人だった反動からか、小生の顔を見るなり矢継ぎ早に今日…

Vol.126 『 長泉寺 』

年が明けても続く無力感、というか全身に虚脱感。 けして区切りの達成に満足している訳ではないのだけれど、 おまけに1週間くらい前から左胸あたりに辛い痛みが・・・。 不信心の己を洗い流すべく? 久しぶりに長泉寺を訪ねてみた・・・。 扉を開けてビック…