『 大分県 木造駅舎の旅 Vol.7 小野屋駅 』

4月、近くの共同温泉 " 櫻湯 " 入る前に訪ねた小野屋駅

開業は大正12年、駅舎は2007年に建て替えられ当時の面影はなくなった。

今はこじゃれた個人宅みたい、駅前に鯉が泳ぐ小さな池や山頭火の句碑。

 

 

駅の場所は東長宝、でも駅名は小野屋・・・?

調べたら、近くにある " 小野屋酒店 " から。

全国でも、個人商店が駅名になったのはとても珍しいとか。

あらら、こちらのご自宅温泉いただいてた (^^;

 

無人化になって6年、誰もいないホームに出ると保線作業の車両。

 

その隣に、オーストリア Plasser&Theurer社製 マルチプルタイタンパー 08-1XS。

こげん特殊車両、眺めているだけで楽しい。

 

待合室がにぎやか、近くにある高校の男子生徒たち。

そろそろ列車が来る時間、見送ったら温泉入ろっ 

 

 

" 旧小野屋駅舎 " 画像3点。

れとろ駅舎店主様のご了承をいただき、掲載しています ( 感謝 )

出典:「れとろ駅舎」 http://www.retro-station.jp/