『 杵築市 魚市魚座 』

寒くなったせいか、2日にあげず東町温泉通い今日も。

今朝の湯布院、最低気温ー4.2℃。

大分市内も、寒かった?

寝坊助おいさん、そげなんお構いなしに布団の中 (^^;

 

それでんなんとか、いつもより早起き。

休日最終日、目的はひとつ " 牡蠣の家 "

行く前にちゃんとリサーチ、定休日も確認したし準備万端。

それでんなぁ~、着いちたまがった。

人影なし、入口に臨時休業のお知らせ (>_<)

f:id:ohirune-manbou:20211214213021j:plain f:id:ohirune-manbou:20211214213100j:plain

f:id:ohirune-manbou:20211214213142j:plain

またかえ、呪われた己の運命。生きていくっち、厳し~!

自分を無理やりなだめ、すぐ近くにある " 魚市魚座 " へ。

この辺りでは超人気店、平日なんにほぼ満車 ( ゲッ )

f:id:ohirune-manbou:20211214214843j:plain f:id:ohirune-manbou:20211214215103j:plain

f:id:ohirune-manbou:20211214215657j:plain f:id:ohirune-manbou:20211214215739j:plain

店内は溢れんばかりのお客さん、みなさん笑顔でお食事中。

案内された席に座り、さっそくオーダー。

両方食べたいんで焼きのセットと蒸し、それにおにぎりとアラ汁。

f:id:ohirune-manbou:20211214220423j:plain

f:id:ohirune-manbou:20211214220500j:plain f:id:ohirune-manbou:20211214220547j:plain

f:id:ohirune-manbou:20211214220629j:plain

炭火の上に牡蠣の汁が落ち、舞い上がる灰。

パチっと弾けるたび、のけぞるワシら (^^;

 

聞くとはなしに聞こえるてくる、お客さんの会話。

『 あん店な、よう獲れんけん10日ほど休むらしいで 』

ふ~んそうなんだ、ようやく理解。

f:id:ohirune-manbou:20211214220901j:plain f:id:ohirune-manbou:20211214221447j:plain

巡回中の焼き奉行スタッフ、ワシらん席に来るなり。

『 なんなアンタら、焼き過ぎで! 』

う~、そげ怒らんでよ 💦