温泉通信

Vol.11 『 100円以下温泉の危機 4 』

ただいま午後3時半すぎ、H〒−Pに車を止め徒歩2分で到着です。 少し時間が早かったかなーと心配したけれど・・・開いてました♪ 『 アレレ、番台に誰もいない・・・ 』 と思ったら、前のお宅から管理人のお父さん登場。 『 奥さんは髪洗うんかえ? じゃぁ…

Vol.10 『 錦温泉 6 』

hanawanさん、ウソみたいな展開にビックリ。お先に・・・で〜す \(^O^)/ なんとなく予感がしたので錦温泉へ行くと、玄関先でお母さんが 見学に来られたご近所の方とお話中でした。 『 こんばんわー 』 『 あら、アンタかえ。どげしたんな 』 『 頼まれちょ…

Vol.9 『 錦温泉 5 』

6月の地鎮祭からの進捗報告も、いよいよ開店へ向けラストスパートになりました。 片足突っ込んだんからには、両足までズッポリの心意気。 錦温泉さん、とことんお付き合いさせていただきますね。 『 おばあちゃん。暖簾の色、どれにしようか? 生地は、これ…

Vol.8 『 麻生温泉 』

あたり一面は雪で真っ白、故里の見慣れた風景もこれでは・・・。 ちょうど車を進める方向に、おじいちゃんが1人で歩いています。 『 お父さ〜ん。道が分からなくなったんで、教えちくれんかなー 』 『 あん温泉に行くんな、ワシ方ん家はそんねき。 案内しち…

Vol.7 『 のんびり休日 』

久しぶりに、昼近くまで睡眠をムサボリビッチ。 と言うのも先週は嬉しい事が続いて、昨夜はおいしい芋を飲みすぎてしまいました ♪ 錦温泉さんより 『 ラブレター拝見した一人です。お手紙が届いた日はうちの家族で感激したのですよ。 で不思議なことに、届い…

Vol.6 『 錦温泉 』

再会できる嬉しさで、恥ずかしかったけれどラブレターを書いてしまいました (^^ゞ 数日後1本のTEL、受けた事務の女性から 『 なんとか温泉が、是非コモさんに会いたいそうですよ。暖簾も作りたいって 』 A4の資料も一緒に送ったから自前では間に合わず…

Vol.5 『 100円以下温泉の危機 3 』

2002年9月のカレンダーの裏紙を利用した張り紙、 最近追加されたのか墨痕鮮やかな一行は 『 1人様 百円 』 次々と消えてゆく100円以下温泉の仲間達、 『 そげな・・・! G荘お前もかぁ〜 』 狭い路地を鋭角に曲がったところにあるアパート、その薄暗…

Vol.4 『 湯止山神社 』

ある郷土史を読んでから、ずっと気になっていた某所へ先日出かけてきました。 昔は温泉宿もあり、多くの湯治客でにぎわった山里です。 でも朝から降り続く雨のせいなのか、人にも行きかう車にも出会う事はありません。 『 あん旅館? とおの昔に廃業しち、い…

Vol.3 『 大津温泉 復活!? 』

ビジホのフロント風な番台に券売機で買った切符を渡し、 煙草臭い小さなエレベータで地下の浴室に下りていきます。 浴槽は深く、半身浴用の段差があるのに濃いモール泉で底が見えなくて スギさんが向こう脛をしこたま打ったことを思い出しました (^^ゞ 地元…

Vol.2 『 希感舎 』

温泉付き宿泊研修センターは、今年4月にオープンしたばかりのバリバリ新品。 民間経営でありながら限りなく官が関与する施設、なのにお湯はGOOD!です。 コンセプトは 「 エネルギー ・ チャージ ・ ステイ 」 ・・・ だとか。 トリニータの応援あとに…

Vol.1 『 錦温泉 』

調査や取材などを通じて得た情報が自分の中で処理しきれなくなり、 新しいコンテンツ『温泉通信』で記録していこうと始めました。 おやおや、9月も半ばなのに錦温泉は未だ工事中。 『 ご苦労様で〜す。こん様子じゃ、完成は当分先んごたんなー 』 『 何を言…