『 おおいたラブ ⑧ 』

昨日の続き、" 新 鉄道☆絶景の旅 " 

宇佐神宮にお参り、ちょいと足を延ばしてわが心のふるさと豊後高田市

f:id:ohirune-manbou:20211210191207j:plain f:id:ohirune-manbou:20211210191312j:plain

蕎麦かと思いきや、ソウルフードの唐揚げ 

バスターミナル前にある大寅屋食堂、昭和55年から値上げなし。

前回食べたかつ丼のリベンジは、350円のチャンポンで  (^^;

f:id:ohirune-manbou:20211210202640j:plain f:id:ohirune-manbou:20211210202702j:plain

f:id:ohirune-manbou:20211210202003j:plain

 

お腹が和んだら、再びローカル線で中津市へ。

いいちこの原料大麦が実る宇佐平野、何処までも広がる麦畑を駆け抜けて。

f:id:ohirune-manbou:20211210204818j:plain

 

この日の泊りは、 " 汽車ぽっぽ 別邸 " 

昭和46年に耶馬渓線が第一次廃線、不要の車両を購入し民宿としてスタート。

去年11月、新たに3両の車両を改装し宿泊施設に。

部屋に当時そのままの運転席、鉄ちゃんにはたまらんやろな~。

f:id:ohirune-manbou:20211210213741j:plain f:id:ohirune-manbou:20211210213853j:plain

f:id:ohirune-manbou:20211210215029j:plain f:id:ohirune-manbou:20211210215110j:plain

f:id:ohirune-manbou:20211210220734j:plain f:id:ohirune-manbou:20211210215615j:plain

f:id:ohirune-manbou:20211210220843j:plain

なんさま2時間SP、まだまだ書ききれん (>_<)
それでん、ちゃんと消化せな。うれしい悲鳴。