『 惹湯報告 Vol.917 山香温泉 風の郷 』

入湯記録やめてから約10年、でん古いのは残っちょった。

調べたら2000年7月にお邪魔、なんとそれ以来21年ぶり

当時はなかった、源泉浴槽が目当て。

別府八湯温泉道の発案者、あのS大先生の強いプッシュで出来上がった。

 

なんさま久しぶり、なんも記憶なしのまっさら。

能書きはさて置き、いざ参る f:id:ohirune-manbou:20210602201148j:plain

f:id:ohirune-manbou:20210602202703j:plain f:id:ohirune-manbou:20210602202801j:plain

f:id:ohirune-manbou:20210602203121j:plain f:id:ohirune-manbou:20210602203228j:plain

 

f:id:ohirune-manbou:20210602212241j:plain f:id:ohirune-manbou:20210603064728j:plain

アプローチから、そこら辺の温泉施設とは一線を画す。

浴室は全面ガラス張り、明るく小奇麗。

f:id:ohirune-manbou:20210602204943j:plain

f:id:ohirune-manbou:20210602205500j:plain

内湯に露天、5つある湯口のお湯すべてを口に含んでチェック。

小さな丸い浴槽、これだけ普通に沸かしたお湯?

露天でも塩素臭を感じる、入浴客の多い施設だから致し方なしか ( 残念 )

それでん、補って余りあるステキなお湯。

f:id:ohirune-manbou:20210602210241j:plain f:id:ohirune-manbou:20210602211746j:plain

f:id:ohirune-manbou:20210602210319j:plain

湯底ザラザラ、カルシウム成分の沈殿物。

青空の下、白く化粧した湯船・・・うっくしい 

 

桶風呂が空くんを待っているんに、ずっと居座っている親父1号。

近づくと・・・寝ちょった (> <)

ようやく目を覚ました彼が去り、シャッターチャーンス 📷

5~6枚カシャカシャ、おりょ、背後に殺気!

『 はよ撮っちくれんな、入りたいんやけど 』

人気の源泉桶風呂、待機中の親父2号 (> <)

f:id:ohirune-manbou:20210602211213j:plain f:id:ohirune-manbou:20210602211302j:plain

f:id:ohirune-manbou:20210602211357j:plain

f:id:ohirune-manbou:20210602212041j:plain f:id:ohirune-manbou:20210602212130j:plain

じわっと源泉に浸かれば、気持ちええ~ 

途中で湯守りのお母様登場、湯加減の確認。

『 温度、なんぼあったかえ? 』

『 露天は41.6℃、桶は32.2℃よ 』ありがとう、ご苦労様です。

 

湯上り、広間でまったり。

見上げれば木組みの天井、どんくれ金かかっちょんの (@_@)

f:id:ohirune-manbou:20210602215102j:plain f:id:ohirune-manbou:20210602215151j:plain

f:id:ohirune-manbou:20210602203737j:plain f:id:ohirune-manbou:20210602203558j:plain

f:id:ohirune-manbou:20210602203844j:plain

久しぶりの風の郷、1時間も入っちょった (^^;

これでお母ちゃん、大分県の温泉施設300湯達成 (^^)v