『 別府はしご旅 友永パン屋 』

大分に住んじょるんに、暇ありゃ別府通い。

時間も、油代もかかるんに・・・のぉ。

なしこげあんのか、自分でん、ようわからん。

 

まずお母ちゃんの希望で、 " 友永パン屋 " へ。

いつ行ってん、お店の前には行列。

f:id:ohirune-manbou:20201116194432j:plain

『 お客さんが多いけん、大変やろ 』『 これでん、午前中に比べりゃ少ねえんで 』

お母ちゃんが戻ってくるまで、駐車場整理係の兄ちゃんと立ち話。

今ばやりの高級生食パン屋じゃないし、洒落たベーカリーでもない。

創業大正五年、昔からある町のちいさなパン屋。

木製のショーケースに並ぶ、素朴なパン 

f:id:ohirune-manbou:20201116194619j:plain f:id:ohirune-manbou:20201116194721j:plain f:id:ohirune-manbou:20201116194827j:plain

f:id:ohirune-manbou:20201116200553j:plain f:id:ohirune-manbou:20201116200649j:plain

買いもんに時間がかかりそうなんで、お店の周辺をぶらり。

f:id:ohirune-manbou:20201116201904j:plain f:id:ohirune-manbou:20201116202013j:plain

f:id:ohirune-manbou:20201116202229j:plain

大通りからちょいと入れば、あん頃と変わらない風景。
買い求めて食べた、つぶあんパンやレーズンパン。

やさしくて、懐かしい味。また、行かなな。

f:id:ohirune-manbou:20201116205106j:plain f:id:ohirune-manbou:20201116205206j:plain

f:id:ohirune-manbou:20201116205328j:plain