『 惹湯報告 Vol.927 市の原共同温泉 』

女湯から、にぎやかな話し声。

チラリ覗いた男湯、誰もおらん。

『 こんちわ~。コロナリでダメっち書いちょんけど、ええかえ~? 』

『 そき、200円入れたらいいで 』 (^^)v

f:id:ohirune-manbou:20210727190349j:plain

 

いつもと違う風景、これまで入浴料を払っていたコンビニがない。

車をどき停めよう、共同湯の隣にある空き地へ無理やり。

f:id:ohirune-manbou:20210727190143j:plain f:id:ohirune-manbou:20210727190251j:plain

 

今日の大分市は最高気温34.0℃、お花ちゃんのお世話してると体感はそれ以上。

汗ダラダラリン、むっから被って作業しててん日差しは容赦なし (> <)

それでんみんな生きている、きちんと面倒みらなな。

 

仕事を終え、別府へ。

f:id:ohirune-manbou:20210727203504j:plain f:id:ohirune-manbou:20210727203547j:plain

熱いやろうな~ち思ってたが適温、のんびりいただく。

自分ちでシャワーを浴びれば済むんに・・・しゃっちゃ別府 (^^;

f:id:ohirune-manbou:20210727205420j:plain f:id:ohirune-manbou:20210727205458j:plain

f:id:ohirune-manbou:20210727205145j:plain

 

見飽きる事がない美しい石造りの浴室、ずっと変わらない佇まい。

これぞ世間遺産、許可してくださったお母さん達に感謝。

f:id:ohirune-manbou:20210727210048j:plain f:id:ohirune-manbou:20210727210136j:plain

f:id:ohirune-manbou:20210727210230j:plain

f:id:ohirune-manbou:20210727210402j:plain

 ご注意:今は入浴不可、特別に許可をいただきました (^^;